屋久島縦走,,③

山小屋の朝は早く 早朝出発する人の 物音に目を覚まします
寝袋も初めての体験 睡眠安定剤の効果は有ったかな???


今日の予定は 当初の計画を変更して
トロッコ道を 途中から峠越えをし 前日行けなかった
白谷雲水峡へ向かいます

当初予定は 赤い点々の部分を歩くコースでした
d0080118_22384948.jpg


夜半に降った雨は止み 朝食の準備をしていると 濃霧の中 鹿がのぞきに来ました
「おはよう~ でも 何もあげないよ♪」
d0080118_22462825.jpg

何時降られても可笑しくない濃霧の中 カッパを着て出発です
やはり まもなく 大粒の雨に遭い 雨の多い屋久島を実感

幸い 下山するに連れ小降りになり 高塚小屋で トイレタイム
濃霧の森も幻想的です
d0080118_225639100.jpg
d0080118_2257729.jpg

そして遂に縄文杉に到着
霧の中 ハッキリとは姿を現してもらえませんでしたが
それも また神秘的で良かったかも(^_^)v
d0080118_2342091.jpg

樹高25.3メートル 胸高周囲16,5メートル 樹齢7200年とも2170年などの説がありますが
迫力満点でした

縄文杉の見張り番?
猿が我々を監視しています
d0080118_2302296.jpg

縄文杉からの湧き水を 頂いてきました
甘く 美味しかったです~
d0080118_237638.jpg

次は ウィルソン株へ,,,,
d0080118_23103079.jpg

ウィルソン株
樹齢3000年 根回り32メートル 古株の中は 空洞になっていて
小川が流れ 10畳ほどの広さになっています
寺建立のため 豊臣秀吉の命令で切られたとも伝えられています
d0080118_2038576.jpg

切り株の中から パチリ
ハート形に見えますか(*^_^*)
d0080118_20522927.jpg

ここでも コーヒータイム お汁粉のサービスもあり 身体が温まりました

カッパを片付け 足取り軽く(?) トロッコ道を急ぎます
d0080118_2057153.jpg

線路に座り 簡単昼食を済ませ いよいよ 辻峠越えです

こちらでは 3代杉と言われる 苔むした古株が目立ちます

3代杉とは,,,

1代目の倒木の上に 2代目が育ち 2代目の切り株に 3代目が育っています
「倒木更新」又は「切り株更新」などと 言われているそうで
樹齢が 1代目がおよそ1200年 2代目が1000年 3代目が 350年といわれ
気の遠くなるような歳月ですね
d0080118_2105720.jpg

辻峠の 白谷小屋で荷物を置き 太鼓岩まで急斜面を登ります
案内では 上り10分,下り15分と有りましたが 嘘で~す
ここも 苦労して登った甲斐がありました♪
大きな岩に登ると風も強く 足が竦みます 
岩をたたくと 太鼓のような音色でした,,,トントン♪
d0080118_21384773.jpg

白谷小屋まで戻り コーヒータイム

そして 最後の目的地 白谷雲水峡です 
ここも 苔が多く 樹木がうっそうと茂り
「もののけ姫」の誕生に納得です
d0080118_21434180.jpg

計画変更は この白谷雲水峡を一日掛けて1周する予定が 半周になったわけです
それでも予定外の太鼓岩にも行けて 満足,満足

飛流の滝を見学して 無事終了
山小屋を出発して 約八時間半 良く歩きました,,,
d0080118_220309.jpg


駐車場で待機していたレンタカーで役1時間 民宿に到着です
そして 尾之間温泉に行く途中「千尋の滝(せんぴろのたき)」も見学
滝の左側に見える壁は 200メートル×400メートルの花崗岩(御影石)の一枚岩だそうです
水量が多いときは 両サイドの岩壁も滝になるそうです,お~っ 見てみた~い\(◎o◎)/!
d0080118_22101852.jpg


温泉入り口から 夕日に輝くモッチョム岳が見えました 
d0080118_2217825.jpg

熱めの温泉が 疲れを解してくれました
この温泉 お肌がつるつるになるんですよ(*^_^*)

明日は最終日 レンタカーで屋久島を一周します
[PR]
by hitoyasumidawan | 2009-06-03 22:31 |