カテゴリ:山( 65 )

昨日 紅葉が見頃かと 吾妻山まで ドライブしてきました
途中ラジオから流れるニュースで 吾妻山の初冠雪を知り
「えっ! もう紅葉はお仕舞い?」と 不安な気持ちで 走行
我が家から 2時間足らずで 登ってきました
d0080118_22512822.jpg


お~っ 遠くからでも見えるほどの初冠雪
例年より 2週間ほど 早いそうです、下界はまだ 青々としているのに、、、、
浄土平駐車場からみた 一切経山
d0080118_2243111.jpg

幸い スカイラインの紅葉は身頃で ラッキー♪
d0080118_22493160.jpg

d0080118_2252193.jpg

d0080118_22524931.jpg

たわわに実った ナナカマドが目を引きます
d0080118_22565228.jpg


怪しい雲が登ってきました
d0080118_22544345.jpg

湿原は霧に包まれて 寒そう
d0080118_22555989.jpg


d0080118_2315939.jpg

自然の ドライフラワー、あなたは誰?
d0080118_232458.jpg

これから 紅葉が楽しめる箇所が増えてきますが
お天気とにらめっこですね
[PR]
by hitoyasumidawan | 2013-10-18 23:07 |
翌日は 山頂を目指すグループと 花探索チームの二手に分かれ
我ら 山岳ボランティアガイドさん2名を含む15名は暗がりの中 ヘッドランプを付け早朝4時に出発
10分も歩かないうちに 東の空が白み始め 雲海から朝日が昇るのを見ることが出来 感激!
思わず みんなで手を合わせてきましたよ~♪
d0080118_167594.jpg

そこから 石畳をアップダウンしたり 岩場をよじ登ったりして1時間(写真を撮るユトリ無し)
お~怖い 下を見ないでね~
d0080118_16363898.jpg

千蛇谷には残雪があり ソロリソロリと登り
d0080118_1621512.jpg

山小屋を出発して 約3時間半 大物忌神社に到着です、疲れた~
こちらには 有料ですがトイレがあり ラッキー♪
d0080118_16391434.jpg

そこからもう一分張り 岩山の新山を目指します、、、が 足が上がらず、、、
d0080118_16404758.jpg

「よく ここまで登ってきたね」と お互いに称えあい 
休憩後 出発地の山小屋目指して下山です

山頂付近で見ることが出来た チョウカイフスマ
想像していたより小さく可憐な花でした
これで もう一つの目標が叶いました
d0080118_16515369.jpg

登ってきた雪渓を下り
d0080118_165549.jpg

下界が一望~しかし 怪しげな雲が、、、
d0080118_16564270.jpg

振り返ると もう 山頂にはガスが掛かってきました
d0080118_16554948.jpg

朝 気がつかなかったお花を発見 下りには ユトリが有ったかな?
イワカガミ鳥海アザミ
d0080118_1704934.jpg

ハクサンチドリ
d0080118_172232.jpg

ヨツバシオガマ
d0080118_175740.jpg

タカネアオヤギソウ
d0080118_1792471.jpg

ハクサンシャクナゲ
d0080118_17155716.jpg

御用ケ原分岐では ハクサンイチゲの群落が、、、、
d0080118_1784168.jpg

他にもミヤマキンポウゲやウサギギク、ゴゼンタチバナ、マイズルソウ等、、、
春と初夏の花を見ることが出来 満足満足♪
山小屋でお花探索チームと合流し 予定通り 無事下山してきました
駐車場に到着するやいなや 見る見るうちにガスがかかり 雨がポツリポツリと落ちてきました
「わ~い なんという晴れ女達なんでしょう~♪」と みなさん 大喜びでした

帰宅後2~3日は 筋肉痛で足がくがくでした、、、へへへ
[PR]
by hitoyasumidawan | 2013-07-24 17:28 |
先週(16,17日)山小屋に一泊して 鳥海山に登って来ました
朝5時半出発 バスにゆられること約4時間
車中でしっかり昼食をとり 登山開始です
石ころゴロゴロの道や 雪渓もあり 時間をかけて登って来ました

登り始めて1時間 やっと山形と秋田の境界線です、ふ~っ
d0080118_20582921.jpg

霧の中 景色が見えず 道端に咲く花に癒されました
d0080118_21251477.jpg


d0080118_14553131.jpg


今年は雪が多く 残雪など登って さらに2時間 霧が晴れてきて 雲間に青空発見♪
d0080118_212080.jpg

登ること3時間半 山小屋に 無事到着です
 宿からは鳥海湖が見えて感激♪ 氷が割れて不思議な造形を見ることができました
さっそく荷物を降ろし周囲を散策です

d0080118_2147178.jpg

今年はコバイケイソウやニッコウキスゲの花が 小振りだそうですが
可愛いワン♪
d0080118_2221313.jpg

赤い屋根が山小屋 群生するニッコウキスゲがチラホラと開花
d0080118_2141415.jpg

霧が晴れ 明日登る山頂付近も見えてきました♪
d0080118_21524714.jpg

こちらは 日本海側 明日の天気に期待です
d0080118_2138954.jpg

[PR]
by hitoyasumidawan | 2013-07-22 22:21 |
昨日 トレッキングクラブで
土湯温泉の仁田沼等を散策してきました
女沼の周囲では カタクリやアズマイチゲ、菊咲きイチゲ等を愛で
d0080118_2221013.jpg

d0080118_22351893.jpg

d0080118_22455285.jpg

バイケイソウの群生地を横目に
アップダウンの坂道を歩くこと30分
前方の仁田沼に白く群生するミズバショウに皆さん大歓声♪
ゆっくり沼を一周してきました
d0080118_22593046.jpg
d0080118_2259548.jpg
d0080118_2301540.jpg

今年は気温が低く 開花が心配されていましたが
予想以上の群生に大満足でした
この自然 大切にしたいですね
[PR]
by hitoyasumidawan | 2012-04-25 23:05 |
昨日 8日に開通したばかりの磐梯吾妻スカイラインの雪の回廊を見てきました
車で1時間 道の駅で一休み
遠方に小さく見える吾妻小富士まで 走行します
d0080118_14332229.jpg

ここは標高1600メートル
磐梯山も小さく見えます
d0080118_14352378.jpg

ダケカンバの木肌が青空に映えます
d0080118_143443100.jpg

今年は 雪の状態が綺麗だそうです
走行車両が少なく 皆さん時々停車し 記念撮影されていました
d0080118_1441125.jpg


先方に吾妻小富士が見えています
d0080118_14401757.jpg

浄土平に2時間で到着 平日の為か 駐車車両は少なかったです
d0080118_14424183.jpg

吾妻小富士に登る人が見えましたが 強風に足を捕られそうなので 
次回のお楽しみにしました
d0080118_14434023.jpg

雪の回廊は 5月連休頃まで楽しめるそうです♪
[PR]
by hitoyasumidawan | 2012-04-13 14:57 |
10月25日に戦場ヶ原トレッキングをしてきました
今回は湯滝から歩き始め
小田代ヶ原を一周,そして 戦場ヶ原を縦断し赤沼車庫に戻るコース
ゆっくり時間を掛け 秋を満喫してきました

鮮やかな紅葉が滝を飾ります
d0080118_20322982.jpg

滝壺を後に
クマザサの木道を進み 泉門池(いずみやどいけ)で一休み
雲の晴れ間から 男体山が現れました
d0080118_20403980.jpg

d0080118_2114940.jpg

唐松林の紅葉は ほぼ終了
秋の日差しが差し込んでいました
d0080118_12134532.jpg

泉門池から40分 小田代ケ原に到着です
今年は雨量が多く 湿原が湖のようになり 多数のカメラマンが訪れたようです
私達も パチリ
d0080118_1221911.jpg
d0080118_12213846.jpg
d0080118_12215634.jpg
d0080118_12222476.jpg

これはクマ避け対策
d0080118_12263214.jpg

さらに 森林を進みます
d0080118_12311715.jpg

ここが一番見慣れた風景、戦場ヶ原♪
d0080118_12335316.jpg

竜頭の滝のオマケも、、、
d0080118_12364490.jpg

「次回は 花の季節に訪れた~い!」と話が盛り上がったトレッキングでした
[PR]
by hitoyasumidawan | 2011-10-28 11:56 |
3,4月と休会だったトレッキングも
元気に一歩前進と、年間計画を変更し 再開です

5月の例会は「尾瀬山開き」の式典に参加し 尾瀬沼散策♪
残雪の中 友との会話も弾み 自然パワーをもらってきました
(5月24日)

御池駐車場での式典
お神酒を頂き、宮司さんの安全祈願から始まり祝辞等々、、、
時節柄 テレビ局、新聞記者の取材陣もウロウロ
d0080118_16333794.jpg


ここから(御池) 沼山峠までシャトルバスで30分
車窓からの柔らかな新緑の色が眩しかったです~♪
d0080118_1648423.jpg

準備体操を済ませ 雪道を登ります(帰りは 滑りそう、、、、)
d0080118_1656495.jpg

沼山峠展望台で一休み 
眼下に尾瀬沼が見えました~
d0080118_17274464.jpg

登り始めて約1時間
大江湿原に到着  晴天で~す(*^▽^*)
今年は 雪解けが遅いようでしたが
ミズバショウを探しながら雪を被った木道を進みます
d0080118_1724884.jpg

夏の尾瀬とは違い ハイカーが少なく 尾瀬を独り占め~♪
(風評被害の影響も、、、)
d0080118_18134897.jpg

数年前に登った燧ケ岳が我々の到着を見守ってくれていました
d0080118_17245210.jpg

初めて目にしたワタスゲの蕾には みなさん大感激
つくしみたいですね
d0080118_17594635.jpg


長蔵小屋付近には 沢山のミズバショウと黄色い小花のリュウキンカが咲いていました~♪
d0080118_18114676.jpg

d0080118_17464881.jpg

尾瀬沼ビジターセンター前で尾瀬沼と燧ケ岳を眺めながら ランチタイム
d0080118_18101979.jpg

今回で3度目の尾瀬 「また来たいね」と 話しながら帰路につきました
そして これまで景観や生態系の維持に当たっていた東電の役割は大きかったようですね
これから どうなることでしょう、、、、
[PR]
by hitoyasumidawan | 2011-05-27 18:45 |
今月は 白河市と天栄村の境界に有る 権太倉山(ごんたぐらやま)へ 行ってきました
白河市の最高峰でもあり 登りが続く ちょっとハードな山でしたが
紅葉が見頃で綺麗でした

霧のため 周囲の山は見えず 
幻想的な景色が続きます~♪
d0080118_21575871.jpg

バスで1時間半
登山口近くの駐車場に到着する頃には 霧は晴れ
鮮やかな紅葉を見ながら 準備体操です
今回は 特に念入りに,,,

聖ケ岩
d0080118_2284266.jpg

この岩 見る角度を変えると,,,,,
d0080118_2210190.jpg

ふふふトトロに見えませんか~?


登山開始,なだらかな登り坂を10分程登ると急坂が続きます,
時々 足を止め 紅葉を楽しみ 息を整えます,ふ~っ
d0080118_22221450.jpg
d0080118_22224753.jpg

d0080118_22252195.jpg

は~い 5分休憩~♪ 
d0080118_22235175.jpg

スリル満点の箇所も,,,,,
d0080118_22261957.jpg

登山開始後1時間 視界が開け 目指す山頂が見えました~
d0080118_223205.jpg

山頂近くの「馬の背」では 冷たい風に煽られながらも 2時間15分で遂に登頂~♪
d0080118_22392788.jpg

西方向に「羽鳥湖」が見えました
う~む 怪しい雲
d0080118_22394661.jpg

風を除けながら 山頂で昼食
下山は 同じルートなので 早いこと早いこと
折角登ったのに 勿体ないね
d0080118_22543142.jpg
d0080118_22544727.jpg
 
今回は 綺麗な紅葉と 帰路の車中では ダブルの虹が見られ
思いがけないオマケに 大歓声でした
d0080118_22573393.jpg



 
[PR]
by hitoyasumidawan | 2010-11-11 22:02 |
丁度1週間前の事
友の誘いで登山クラブに特別参加で 
安達太良山を縦走してきました
我がトレッキングクラブでは 行かれないコースでもあり
皆さんに遅れないよう ドキドキの登山でした

以前登った 安達太良山を
今回は 西側(会津側)の中ノ沢から登り
体内くぐりを抜け 鉄山山頂 安達太良山山頂そして
薬師岳に下るコースの約 7,8㎞でした

中ノ沢から 白糸の滝を目指します
d0080118_2232304.jpg

丁度紅葉の見頃 赤,黄,緑色のグラデーションが綺麗でした
d0080118_22333011.jpg
d0080118_22334799.jpg

滝の上方からの眺め 磐梯山が望めました
d0080118_22342823.jpg

硫黄川に沿ってさらに登ります
この川で 自然露天風呂を楽しんでいたハイカーも居ましたよ(^_^)v
d0080118_22352723.jpg

遠くに 目指す 「体内くぐり」のある岩肌が見えます
「えっ! あんな所まで登るの!」と
気を引き締め 急な登りを一歩ずつ,,,
d0080118_22381548.jpg

目指す「体内くぐり」付近が 見えてきました(岩の割れ目の下)
d0080118_22392024.jpg

この 小さな岩穴が 「体内くぐり」\(◎o◎)/!
リュックを下ろし 這うようにして通過します
d0080118_22424535.jpg

眼下に最後尾の人が,, 「頑張って~♪」 
d0080118_22542271.jpg

急な登りは お終い???
前方に見える尾根歩き 鉄山山頂を目指します
d0080118_2344195.jpg

小さな 三角山が 鉄山山頂
あそこで昼食だとか もう一踏ん張りです

d0080118_22573157.jpg

安達太良山山頂へも登りました
d0080118_22594441.jpg

下りは早い
東南側の紅葉は少し盛りを過ぎたようですが,歩いてきた稜線が綺麗に見えました
d0080118_236258.jpg

薬師岳にて
「この上の空が ほんとうの空です」
d0080118_2361227.jpg


この後 奥岳に下るゴンドラが 混んでいたこと,混んでいたこと(T_T)
ここまでゴンドラで登ってくる観光客が多いため 約1時間待ちの行列
それでも 充実した登山になり 参加できたことに感謝でした 
[PR]
by hitoyasumidawan | 2010-10-25 23:40 |
諏訪湖の宿を後にして
霧ヶ峰に再チャレンジです
3年前はあいにくの霧で何も見えず 心残りでしたが
今回は好天気の予報 軽装で登ってきました

前回は何も見えなかった景色を堪能しながら
ワイワイガヤガヤとおしゃべりが弾みます
d0080118_22174293.jpg
d0080118_22175450.jpg
d0080118_22181066.jpg


1時間で車山の山頂に到着 諏訪大社の御柱が立っていました
ウ~ム これは見覚えがあるかも,,,,
d0080118_22321957.jpg

下山後 帰路につく前に 諏訪湖で もう一遊び,,,
水陸両用のバス?船?に 乗ってきました
発車する時は タラップをバスに仕舞い込み 一般道路を観光しながら湖まで 走ります
d0080118_22354743.jpg

湖に到着すると 桟橋から滑るようにして 湖にザブ~ンと入水
湖面の風も 心地良かったです♪
あら 間欠泉も見たのに フォトを撮らなかったわ,,,(^^;)
d0080118_2239561.jpg

山のお花は また後にアップしますので 見てくださいね♪
[PR]
by hitoyasumidawan | 2010-08-06 21:29 |