カテゴリ:山( 65 )

おはよう~♪
本館の食堂へ行く途中 
敷地内に咲いている姫さゆりにご挨拶
下界では すでに花期は終了,気温の差を感じます
d0080118_1536195.jpg

朝食をしっかり頂き お弁当をリュックに詰めたら 
さあ~っ 出発前に準備体操です(6時5分に出発しました)
d0080118_15461636.jpg

振り返ると お世話になった 長蔵小屋の一角が小さく見えます
d0080118_1550982.jpg


目指す 燧ヶ岳は 霧の中,それでも 
「頂上に着く頃には晴れるかも~♪」と いつものように 脳天気
d0080118_15502791.jpg

出発して20分 いよいよ沼から離れて 上り坂に入ります
d0080118_15591968.jpg

d0080118_165887.jpg

登り初めて2時間半 少し視界が開け 尾瀬沼が見えました
d0080118_1655314.jpg

ここからが一苦労 大きな石が 行く手を阻みます
d0080118_1674466.jpg

30分岩と格闘すると 針葉樹が少なくなり 霧のブナ林になりました
d0080118_1694163.jpg
d0080118_16101338.jpg

第一の目的地 ミノブチ岳(標高2220メートル)に到着,やった~♪ 
ここまで 3時間半 ふ~っ 
d0080118_16105752.jpg

次に目指すマナイタムラ(標高2346メートル)は 霧の中
 
d0080118_1632367.jpg

もう少し,,
大きな岩と大奮闘
d0080118_1633443.jpg

ミノブチ岳から 約1時間弱 遂に23名全員登頂 ばんざ~い♪
d0080118_16411665.jpg

30分の昼食タイム中 一瞬でしたが霧が晴れ 尾瀬沼が見えて大感激
他の登山者達も 歓声をあげていました\(◎o◎)/!
d0080118_1646249.jpg

d0080118_16511591.jpg

下りは 少し楽かも,,,と 思ったのは ここまで,
雪渓が見えてきました,
ぎょっ! あそこを歩くの?
d0080118_16585268.jpg


d0080118_1659142.jpg

ここはまだ 早春
「コゴミかな?」 「いや 違うわね」の会話に 疲れを忘れ一笑い(*^_^*)

d0080118_1742631.jpg

その後も 落石注意の下り坂で 岩と大奮闘 フォトを撮る余裕は全くなし
熊沢田代(湿原)に到着 白いワタスゲに癒やされました♪
d0080118_1785322.jpg

なんと 木道の歩きやすいこと♪
d0080118_17192379.jpg
d0080118_17193669.jpg

黄色いキンコウカも 今が見頃
d0080118_17244171.jpg
d0080118_17251093.jpg

1時間下山後 広沢田代(湿原)に到着
ここで 元気を貰って 最後の難関は またまた岩と 悪戦苦闘の1時間半でした
d0080118_17322333.jpg

d0080118_1734964.jpg

登り始めてから下山(バスの待機する御池)まで 約9時間
時間は掛かりましたが 全員無事に登山ができて 感無量でした
特別参加してくださった 登山クラブの方は 約半分の時間で登るとのお話に ビックリ
ご指導下さって ありがとうございました

今回であったお花達は 後ほど,,
また 見てくださいね(^^)/
[PR]
by hitoyasumidawan | 2008-08-02 17:57 |
年に一度の宿泊を伴うトレッキング例会は 待望の尾瀬,燧ヶ岳でした
東北一の最高峰に登るとなると 準備などで 前日からドキドキそわそわ,ちょっぴり不安を感じながら
リュックの中身も必要最小限(ペットボトル1,5リットルが重かった)に纏め,祈るは お天気のみ

今回は大型バス
一人ずつゆったり座って いざ出発♪
途中 檜枝岐村の郷土料理裁ちそばはっとうを頂きました
「ご法度」から呼び名がついた事に納得,美味しかった~(*^_^*)
d0080118_1421090.jpg

御池で シャトルバスに乗り換えて沼山峠まで 30分
大型バスは 明日まで こちらで待機です
d0080118_14281685.jpg

ちょっと雨がぱらついたので 用心にザックカバーを付けて
今日の目的地 尾瀬沼まで トレッキング開始です
森の中を歩くこと1時間 前方に湿原が開けてきました♪
d0080118_14343183.jpg

d0080118_1521333.jpg

丁度ニッコウキスゲの季節でしたが 例年より少ないそうです
d0080118_14374481.jpg

d0080118_14413321.jpg
d0080118_14421122.jpg

d0080118_15411.jpg
d0080118_1542591.jpg

湿原のお花等をゆっくり観察しながら 歩くこと2時間弱
今夜 お世話になる宿「長蔵小屋」に到着です,
雨に降られず 良かったね
d0080118_1555892.jpg

d0080118_1564882.jpg

d0080118_151211.jpg

我々は 別館に,,,,
d0080118_157665.jpg

フロント兼 談話コーナー
d0080118_15173181.jpg


夕食前に ちょっと散策
明日登る燧ヶ岳山頂付近が 霧に包まれています 明日は 晴れますように,,,
d0080118_158337.jpg

d0080118_1591859.jpg


ここは ニッコウキスゲが 多いかな♪
d0080118_1594482.jpg


夕刻の湿原も 素敵でした
d0080118_15151364.jpg

d0080118_1511762.jpg


山小屋は 石鹸は使用禁止でしたが お風呂にも入れ
予想していたより 快適でした

9時消灯 懐かしい二段ベッドで 明日の天気を祈りつつ,
お休みなさい,,,







 
[PR]
by hitoyasumidawan | 2008-08-01 15:04 |
北海道旅行記は ちょっと中断して
トレッキングのお話を聞いて下さい,,,

お花のフォトを追加しました♪

今月のトレッキングは 中腹あたりで 軽いコースと 頑張るコースの二手に分かれ
体力に応じて参加できるように 準備されていました

旅行の疲れも残っているかと思い 当初は 「軽いコース」に望むつもりが
「こんなに良いお天気は めったに無いよ」などと 誘惑の言葉が飛び交い
やはり 友と頑張るコースに参加することに,,,,


朝 準備体操を終え 8時登山開始です
d0080118_1723090.jpg

スキー場を横目で眺め
d0080118_1734611.jpg

新緑の美しい落葉樹林を ひたすら登り
d0080118_1741519.jpg

d0080118_17204481.jpg


丸太橋も幾つか渡りました
d0080118_1765113.jpg

d0080118_178826.jpg

辛い上り坂も 春の花々が癒やしてくれます
d0080118_1793134.jpg

d0080118_17124616.jpg

d0080118_1716917.jpg

d0080118_17331093.jpg


ふ~む やはり お天気最高~♪
d0080118_1710411.jpg

d0080118_17122527.jpg

頑張るコースは 見えてきた雪渓を横切るとのこと 大丈夫かな,,,??
d0080118_17164755.jpg

背丈もあるシャクナゲに 歓声♪
d0080118_17231884.jpg

d0080118_1746712.jpg


ここで 一部の方とお別れ,私たちは さらに登ります,,
d0080118_1731168.jpg

d0080118_17335417.jpg

いよいよ 雪渓です

d0080118_17341518.jpg

頑張って~
d0080118_17352286.jpg

上方は気温が低いのですね,ミネザクラが満開でした
d0080118_1736144.jpg

d0080118_17445852.jpg


先月登った 箕輪山を眺めながら 遅い昼食です
d0080118_1737255.jpg


やっと 登ってきました 遠くに磐梯山が見えます
ここまでが 一番辛かった~ふ~っ
d0080118_17464153.jpg

前方に見える小さな小屋は 避難小屋
d0080118_1749684.jpg

悪天候でも 見つけやすいように 赤いドアです
d0080118_17474174.jpg

丸い目印も 悪天候時の為 
d0080118_17542051.jpg

遂に 鉄山に到着~♪
d0080118_1759836.jpg

下りは 早いです
d0080118_1802812.jpg

d0080118_1814767.jpg
d0080118_182670.jpg

見上げると 高山植物が可憐な姿で 見つめています
d0080118_1841381.jpg

d0080118_21525966.jpg



さらに分岐が続き くろがね小屋目指して下山です
d0080118_1844266.jpg

くろがね小屋で トイレを拝借 ランプが素敵でした
d0080118_189553.jpg

金明水神でお水を補給 冷たくて美味しかった~(^_^)v
d0080118_18103767.jpg


ここからの下りも 長く 途中 レンゲツツジの群生に 癒やされました
デジカメもここでバッテリー切れ,, 残念(T_T)
d0080118_18133793.jpg


今回のトレッキングは 休憩を合わせて 8時間の登山になりました
これで 来月の 燧ヶ岳は 大丈夫とのこと やったね~♪
みなさん お疲れ様でした

そして 最後まで見てくださって ありがとう お疲れ様でした<(_ _)>







山で出会った お花達
[PR]
by hitoyasumidawan | 2008-06-12 18:17 |
恵日寺を後に 次は 皆さんが拍手をして喜んだ クマガイ草群生地へ,,
バスで走行中 激しく降っていた雨も止み 青空が見えてきました
「2カ所もお寺さんを お参りした甲斐があったかな?」と 会長さん(^_^)v
d0080118_16503240.jpg


山の入り口で 杖と長靴をお借りして いざ出発
傘もリュックも無しで 楽々ハイキングです♪

ここも きれいな小川だったのでしょうね
d0080118_16474618.jpg

入り口で 長靴をお借りして良かった~,
山道は どろんこ,滑らないように 一歩一歩登ります

クワガタソウ これは お初です
d0080118_176994.jpg
 
以前にも目にしました ウスバサイシン
d0080118_1775790.jpg

名札が付いて 有り難いです,,
d0080118_179172.jpg

少し 登ると 綺麗な小川が流れていました
d0080118_17104053.jpg

ハナイカダ お花が可愛いですね
d0080118_17123881.jpg

エンレイソウ
d0080118_17133011.jpg

これも お初です
d0080118_17143979.jpg

ウラシマソウ 浦島太郎の釣り竿に見えますか?
d0080118_17152482.jpg

シロバナエンレイソウ
d0080118_1716263.jpg

クリンソウ
d0080118_17181377.jpg

ユキザサ
d0080118_17203461.jpg

山道は まだ続きます
d0080118_17212588.jpg

ヤマブキソウの群生です
d0080118_17185596.jpg

ヤブレガサにも お花が,,,,
d0080118_17231352.jpg


タチガシワ これも お初
d0080118_17233091.jpg


そして 遂に目的のクマガイ草の 群生です
d0080118_1729327.jpg
d0080118_17292415.jpg
d0080118_17294838.jpg

「エリマキトカゲみた~い」と言ったのは 誰~♪
d0080118_17302169.jpg
d0080118_17304895.jpg


絶滅危惧種のクマガイソウが見られて 大満足
でも この貴重なクマガイソウが300株も 盗掘にあったそうな
この山だからこそ 綺麗に咲いているのに それを盗掘するとは,なんたること プンプン
保存会の皆さん 頑張ってくださいね

長々とお付き合いありがとうございました
お陰様で 雨天でも 楽しめたトレッキングになりました~(^_^)v
[PR]
by hitoyasumidawan | 2008-05-22 17:51 |
朝 起きがけに外を見ると やはり 予報通り台風の影響で 雨, とほほ,,,(T_T)
それでも 中止の連絡は無いので お弁当の準備をして出かけました
ふふふ やはり 行って良かった(^_^)v
予定変更で 史跡見学,クマガイ草の群生地へとなったのです~♪

郡山にも阿弥陀様が有ったのは, 勉強不足ででした,反省
d0080118_1210354.jpg


樹高31メートル,幹周 9,6メートルものケヤキの大木のバックでは お堂が小さく見えます
d0080118_11453663.jpg


次に 会津に近い磐梯町に有る恵日寺(えにちじ)へ,,,, 
この お寺は 平安初期 南都法相宗の高僧徳一によって開かれた寺院でしたが
伊達政宗の軍勢や 数々の火災によって すべて消失してしまったそうですが
会津に残されていた古絵図を頼りに
発掘, 復元工事が進められ 昨年 やっと金堂が復元されたばかりです
d0080118_12565647.jpg

d0080118_1311287.jpg

金堂見学の前に 資料館で少しお勉強
d0080118_11423948.jpg
d0080118_11425352.jpg

お庭も 雨に濡れて 新緑が映えます
d0080118_1211053.jpg
d0080118_12113735.jpg

d0080118_1153875.jpg

d0080118_13122916.jpg

オドリコソウの群生も発見
d0080118_13151023.jpg

睡蓮も2,3輪咲き始めていました
d0080118_12124343.jpg

出来たて ホヤホヤ 紅殻が鮮やかな金堂
樹齢200年の檜を使用 宮大工さんの 技が光ります
 
d0080118_12362315.jpg

他に 仏堂,講堂,食堂の砥石や根石も発掘され 復元を待っています
d0080118_139152.jpg
 
大粒の雨が見えますか?
雨が激しく デジカメが濡れそうなので,断念
d0080118_13135149.jpg

次に クマガイソウの群生地へ,,
[PR]
by hitoyasumidawan | 2008-05-22 13:18 |
先月に続き 今回も 塩を運ぶ為に利用された道をトレッキングしてきました
登山道は 頂上付近以外は なだらかな上り坂で 歩きやすく
春の草花に出会えることも出来
おまけも有りの 楽しいトレッキングになりました
d0080118_9345325.gif


道幅の狭い登山道です
昔は 馬や牛の背に塩を積んで登ったのですね
d0080118_2395029.jpg

あちこちに点在する タタチツボスミレの群生が 春を感じます♪
d0080118_23124167.jpg

もみの木の大木
d0080118_23204492.jpg
d0080118_2321529.jpg
 
山桜 も大木です フォトに入りきれないので 幹だけ,,,
d0080118_23215958.jpg

途中 こんな物を発見
d0080118_23243973.jpg

さて 何に見えますか?
d0080118_2327264.jpg


そして待望の イワウチワの群生を目にして みなさん大歓声~\(◎o◎)/!
d0080118_23173165.jpg

ネコメ草の群生も
d0080118_23282650.jpg

まだまだ 上り坂は続きますが ウグイス,シジュウカラ,コゲラ,ヤマガラ等のさえずりが
励ましてくれます
d0080118_23291834.jpg

新芽の綺麗な木々も,,,
d0080118_23351837.jpg


途中 何度か休憩して最後の難所 「がんばる小径」です
d0080118_2332239.jpg

頑張って~頂上に着いたら お昼ですよ~♪
d0080118_2333299.jpg

頂上からは 太平洋と空と一体になって見えました
d0080118_2347550.jpg

下りは早く バスが待っている 駐車場に到着
d0080118_9141050.jpg

温泉も早々に済ませ おまけの 夜ノ森の桜見物へ
近くの桜のトンネルを歩いて,,2キロにわたる桜トンネルは バスで,,
d0080118_9145549.jpg

d0080118_9143795.jpg


これは 八重の枝垂れでしょうか
d0080118_9162283.jpg

お寺の垂れ桜,これも おまけです
我が儘を聴いてくださった 運転手さん ありがとう~♪
d0080118_92526.jpg
d0080118_9252393.jpg


山で出会ったお花達
d0080118_928161.jpg


最後まで見てくださって ありがとう~♪
[PR]
by hitoyasumidawan | 2008-04-15 09:35 |
前日は 雨で寒い一日でしたが
トレッキング当日は 予報通り 好天に恵まれ 休憩の度に一枚ずつ脱いでいき
「もう これ以上脱げないわ~」の言葉が飛び交うほど暖かでした

日隠山は 福島県の太平洋を望む山で
昔 登山道は「鉄の道」「塩の道」として 会津まで続く街道だったそうです

d0080118_21285352.jpg

古い表示板を発見
d0080118_21292963.jpg


杉の林道を過ぎ 急な上り坂の「啼き啼き坂」をやっと登ると
高く盛られた山道になりました,
これは 森林の延焼を防ぐ防火対策も兼ねているようです
d0080118_215484.jpg


煙を吹き出す 不思議なキノコを発見
ストックで押すと 煙状の胞子が吹き出す,ほこり茸
d0080118_21582483.jpg

小鳥のさえずりを楽しみながら
エビフライも発見,,,??
これは リスが松ぼっくりの実を食べ終えた残骸,エビフライに似ているでしょ?
d0080118_21584165.jpg


北の斜面には 残雪も,,,
d0080118_2222033.jpg


展望台からの眺めは,,,
春霞の為か 太平洋が見えませんでした
もしかして これって 先ほど バスの車窓から見た 杉花粉?
d0080118_2246279.jpg


山頂で昼食を摂りながら ゆっくり休むと 下山の足取りは軽くなり,,,「待って~!」
帰路は「ふれあいの道」コース
d0080118_2231758.jpg

樹齢160年のクヌギ 山頂の厳しい環境に耐えています
d0080118_22514710.jpg

樹齢200年のブナ 幹周り3,3メートルもあり この一本の年間保水能力は8トンと言われているそうです
d0080118_2253739.jpg


登りでは気が付かなかった イワウチワの群生を発見
ピンクの小さな蕾も付いていました
d0080118_2354871.jpg


来月は イワウチワのお花が見られるそうなので 楽しみです~(^_^)v
[PR]
by hitoyasumidawan | 2008-03-13 23:10 |
今回は 二本松市の木幡祭りの見学も兼ね
日曜日に行われましたが
残念なことに 下山が少し遅れた為 祭りの休憩時間になり
行列を見ることが出来ず 幡だけを眺めてきました 

日本三大旗祭りとは 
(1)青森県の岩木山の神賑祭
(2)福島県二本松市の木幡の幡祭り
(3)長野県別所温泉の岳の幟を言うようです

木幡山も 信仰の山で 山頂近くに古い本殿が有り
落ち葉の山道を一時間かけて 登ってきました

杉林の中に まだ鮮やかな紅葉も残っていました
d0080118_1744079.jpg


雨が降らず カサカサの落ち葉を踏みしめて,,,,
d0080118_1725874.jpg


途中 一町(長さの単位で 約109メートル)ごとに石の目印があり
励みになりました
d0080118_171585.jpg


天然記念物の大杉 (推定樹齢千年)にため息
d0080118_17114073.jpg


安達太良連峰は 雲をかぶっていましたが
展望台からの眺めに 歓声
d0080118_17832100.jpg
d0080118_1784995.jpg
d0080118_179569.jpg


本殿の見事な彫刻にもため息
d0080118_17155731.jpg


戦災を免れた 鐘楼
d0080118_17394870.jpg

六基の経塚群も見学
d0080118_17165479.jpg

今回も歴史のお勉強でした~

下山した里山では 渋を採るための 豆柿が鈴なりになっていました
d0080118_17472680.jpg


More 木幡祭り
[PR]
by hitoyasumidawan | 2007-12-03 17:58 |
秋晴れの中 茨城,栃木,福島の3県をまたがる 八溝山トレッキングに行ってきました
この山は 空海が宗教をひろめようとした 信仰の山でもあり 当時は 暗闇の中を上ったそうな
現代は頂上まで 車でも行かれますが
私達は 8合目から 旧参道を 2時間かけて上ってきました

                       
d0080118_21195571.gif

バスで往復7時間の長距離なのでトイレタイムも思案どころ 
須賀川の牡丹園の駐車場では ツツジと アジサイの返り咲きを発見
d0080118_21204725.jpg

水郡線の矢祭山駅を横目に見て またまた一休み 
d0080118_2132506.jpg
d0080118_2133697.jpg

バスに揺られて3時間で登山口に到着 準備体操を終えて トレッキング開始
ふふふ リュックは頂上までバスで運んでもらえたので 楽々~
d0080118_22402051.jpg

d0080118_224535100.jpg



モミジ,ダケカンバ,ブナ等の紅葉も 青空に栄えて
d0080118_21553955.jpg



d0080118_22473863.jpg
d0080118_22375053.jpg

時々 樹木のお勉強も,,,
d0080118_2245478.jpg

これは クサ木 実がツクバネのようで可愛いのに くさい木なんて 可愛そう
d0080118_22135848.jpg

わいわい上って行き 名水の1つ 「金性水」では おいしい水をいただく
d0080118_2261877.jpg

d0080118_228687.jpg

水辺の落ち葉も自然のアートですね
d0080118_22252995.jpg

先生が 不気味なものを発見
この虫は 染料に使用され 昔 お歯黒にも使われたそうです,ギョ~だわ
d0080118_22261940.jpg

こちらは 枝のアート
d0080118_22311522.jpg

d0080118_22351260.jpg

d0080118_22485677.jpg

山頂でお昼をいただき 下山は別ルートで,,,
わさびの栽培もされていたのですね
d0080118_22495713.jpg

下山後 お茶の北限である奥久慈に立ち寄り お茶のおみやげを購入
d0080118_2253138.jpg


そして もう一つのおまけに 袋田の滝にも寄り道~
滝の水量が少なく迫力には欠けていましたが 紅葉は見頃
d0080118_22542542.jpg
d0080118_22545528.jpg

遠くの吊り橋を渡る人が見えますか?
d0080118_22551424.jpg

帰りの休憩場所 の道の駅ではダリアがお出迎え
d0080118_22593478.jpg


今回は 花に始まり 花で終わり 盛り沢山のトレッキングでしたね~♪
みなさん お疲れ様でした
そして 最後まで見ていただいて ありがとう~<(_ _)>
[PR]
by hitoyasumidawan | 2007-11-15 23:11 |
兄から誘われ 雨の中 羽鳥湖まで 紅葉を見に車を飛ばしてきました
急な上り坂や くねくね道 時々 大きな水溜りでは 水しぶきを上げて
ちょっと スリルを味わっての運転でした


                    
d0080118_2359991.gif


一晩お世話になったログハウス おしゃべりに夢中で
お部屋の中のフォトは 無かったワン
d0080118_23223024.jpg


翌朝は 気持ちの良い青空なので 食事の前に 周囲を散策しました
小さな池では 夏になると色々なトンボが大発生だとか
d0080118_2315358.jpg


朝食後 ちょっとドライブ 近くには 釣堀やコテージも,,,
d0080118_23163439.jpg

小さな湿原は 今はススキが主役
d0080118_23172981.jpg


紅葉には ちょっと遅かったようで
サイクリングロードの ツリ橋は 独り占め
d0080118_23181586.jpg

d0080118_2353518.jpg


昨日は 雨で何も見えなかった展望台からは 羽鳥湖が 一望~♪ ルンルン
展望台の駐車場は 県外の車で一杯でした
d0080118_23185324.jpg

次は 新緑の時に行ってみたいワン(*^^)v
[PR]
by hitoyasumidawan | 2007-10-31 00:03 |