<   2006年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ヨーロッパの旅で出会ったワンちゃん達の ご紹介
電車にも乗れ 常に一緒のわん子達
勿論 お買い物のお供も、、、
日本とは 随分待遇が違いますね

 
黒のわんちゃんとお揃いのお洋服を着たお兄さん
おしゃべりしている間 じっとお座りして お利口さんだったワン
d0080118_2251056.jpg
d0080118_226786.jpg
d0080118_227457.jpg

d0080118_22343425.jpg

d0080118_2275175.jpg
d0080118_2292841.jpg


爪研ぎをしていたニャンコを発見 アメリカンショートでしょうか、、?
慣れていて モデルになってくれました
d0080118_2213858.jpg

[PR]
by hitoyasumidawan | 2006-12-20 22:03 | わん子
今回のハイライト 世界遺産のモンサンミッシェルまで パリ市内からバスで5時間
日帰り観光をするのは 日本人観光客だけ
フランス人や他国の観光客は 泊まりがけでゆっくり行くそうです
日本のツアーは 強行なんですね



インターで真っ赤に紅葉した樹木を発見 何だったのでしょうか、、???
d0080118_21233514.jpg


この日もお天気が良く 草原の遙か遠くにお城塞が見えてきましたヽ(´▽`)/
d0080118_2124318.jpg


草原には 羊たちが群れてお食事中
d0080118_2126140.jpg


モンサンミッシェルは 小さな岩の島に建てられた修道院で 現在は堤防が出来ていますが
潮の満ち干が厳しく 巡礼者は干潮時を待って島へと渡っていったそうです
d0080118_2126286.jpg
d0080118_2127452.jpg
d0080118_21292297.jpg
d0080118_21294397.jpg
d0080118_21303480.jpg


礼拝堂
d0080118_2131082.jpg


中庭の回廊で 信者達は 静かに瞑想にふけったそうです
私達も 静かに一回り、、、、

d0080118_2132442.jpg


大きな 滑車
d0080118_2133222.jpg

d0080118_21332058.jpg


こちらのスズメは 警戒心無し パンに群がってきました
d0080118_21344756.jpg


帰りも 5時間バスに揺られ 市内に戻ったときは すっかり日が落ちていましたが
ジャストタイムのうれしいオマケを見ることが出来 ラッキーでしたね♪

d0080118_22425399.jpg


シャンゼリゼ通りのイルミネーション
d0080118_2244541.jpg


デパートのクリスマスディスプレー
d0080118_22453525.jpg

[PR]
by hitoyasumidawan | 2006-12-17 22:46 |
フランス 一日目はエッフェル塔見学から
8時半頃でも まだ薄暗く 朝日をバックにしたエッフェル塔が 神秘的でした

d0080118_20284833.jpg



バスで移動後 ノートルダム寺院

d0080118_20303526.jpg

d0080118_20452110.jpg


d0080118_20515065.jpg


左側面のバラ窓
d0080118_20454468.jpg


室内から見た バラ窓
d0080118_204626100.jpg


後方から
d0080118_20585794.jpg


凱旋門

d0080118_2153121.jpg


セーヌ川のクルージング 川の色が土色で ちょっとがっかり、、

d0080118_2171952.jpg


d0080118_21194182.jpg


ルーブル美術館は大きすぎて フォトには納まりませんでした

d0080118_2194223.jpg


これもルーブル美術館
d0080118_2185520.jpg


d0080118_21233949.jpg


船上生活をする人達も
d0080118_2111616.jpg


d0080118_21123617.jpg


昼食後 小雨の中 ヴェルサイユ宮殿へ

d0080118_2127598.jpg


一部工事中の箇所もありましたが 
整備された広大な庭園に感動

d0080118_21263490.jpg

d0080118_21303268.jpg
d0080118_2131345.jpg

d0080118_2134484.jpg
d0080118_21351570.jpg

d0080118_21374592.jpg

[PR]
by hitoyasumidawan | 2006-12-15 21:43 |
スイスでは午後2時まではフリータイム、オプションで山に行かれる人も、、
私達居残り組はそれぞれ 午後の合流時間までのんびり町を探検することに、、

昨夜ホテルに到着した時見えなかった山々が 朝日を浴びてピンク色に
居残り組は しばし食堂で 山を眺めながら コーヒータイム
d0080118_14235474.jpg


お部屋からも 山が楽しめました

d0080118_14241858.jpg
d0080118_14251746.jpg


それぞれ行動開始 街の路地から見える山も綺麗でした

d0080118_14255797.jpg


バスの運転手さん バスのカラーと同じ色の制服なんですね

d0080118_14262124.jpg


スイスの踏切は 紅白でした

d0080118_1427455.jpg






昨夜の 真っ暗な風景と一転 川の色に感動

d0080118_14273037.jpg


昨夜のレストランは 山小屋風でした

d0080118_14283887.jpg




こちらでも 窓飾りのお花は ゼラニューム

d0080118_14531830.jpg
d0080118_145346100.jpg
d0080118_14551328.jpg


d0080118_1543058.jpg






d0080118_156558.jpg



合流後 ジュネーブまでの走行中 名物の霧に遭遇 青空だった天気が一転
霧で見えなくなりました

d0080118_1564580.jpg


その後 ジュネーブ コルナバン駅から  フランスのリヨン駅まで 新幹線で移動
移動で時間がかかった一日でした
[PR]
by hitoyasumidawan | 2006-12-13 15:28 |
朝 出発前に宿泊したホテルをパチリ 
各部屋 小さなベランダが付いた山小屋風の可愛いホテルでした
  
8時30分 ヴィース教会へ向けて出発~♪

d0080118_15494795.jpg



ロマンチック街道の風景を眺めながら、、、
今日も好天の予感~♪

d0080118_15231657.jpg




d0080118_15212515.jpg


予定では ヴィース教会は日曜日のミサのため 観光客は中に入れないとのことでしたが
丁度 ミサが終わり 信者の人々が出て来られたので 
運良く 私達は中に入ることが出来ました
ラッキ~♪

d0080118_15241418.jpg



内部は外観とは違い 華やかな色彩で彩られていました
ミサが終わったばかりで パイプオルガンの演奏まで聴けて 感動~!!

d0080118_15245580.jpg


天井絵

d0080118_152519100.jpg



次の観光 断崖の上に建てられたお城
ホーエンシュバウガウ城と ノイシュバンシュタイン城へ


ホーエンシュバウガウ城
白鳥伝説のお城(お父さんのお城)

d0080118_15291857.jpg


d0080118_154058100.jpg


城の頂には 白鳥が、、、

d0080118_15422090.jpg



白鳥のような白亜の城(息子のお城)

d0080118_15283668.jpg


d0080118_15345087.jpg


d0080118_15355021.jpg



お城まで 行きはミニバスに乗りましたが
帰りは 風景を楽しみながら 30分かけて ゆっくり歩いて下山しました
馬車に乗って降りる人も、、、
[PR]
by hitoyasumidawan | 2006-12-12 16:30 |
今年は暖冬~と思っていた所 遂に雪が降り いよいよ本格的な冬の到来です

深々と降り積もる雪に ガーデンの花達はジット耐えていました
幸い 午後には止み 翌日には溶けてくれたので
また元気になりましたv(=∩_∩=)


コムラサキ式部の白い実

d0080118_1415711.jpg


ハナミズキ

d0080118_1422071.jpg


宿根ネメシア

d0080118_1424355.jpg


ユリオプスデージー

d0080118_1431018.jpg


レースラベンダー

d0080118_1433148.jpg

[PR]
by hitoyasumidawan | 2006-12-10 14:00 | 庭の花
ドイツ フランクフルト空港までは スイス航空でチューリッヒでの乗り継ぎ便で

d0080118_13391449.jpg


チューリッヒ空港内は広く 第2ターミナルからトレインで移動 ホテル到着は夜でした

d0080118_13402951.jpg


ドイツの観光バスは 格好良いですね~♪

d0080118_13423673.jpg


我々のバスは こちら、、、
スイス ジュネーブまで4日間お世話になりました

d0080118_13433385.jpg


初日の観光は ハイデルブルグ城から、、

d0080118_1444432.jpg


ハイデルブルグ城内の「一夜門」 
遠い国からお嫁に来て 寂しがっていた王妃を喜ばす為に 一夜で造ったと言われている石の門
d0080118_14195560.jpg


徒歩にて ハイデルブルグの旧市街を観光
d0080118_1449374.jpg

d0080118_1450914.jpg


街の広場は クリスマス小屋の準備中
d0080118_14564947.jpg

d0080118_14505379.jpg


d0080118_14595077.jpg


その後 バスに揺られて3時間 ローテンブルグに到着
中世の城壁に囲まれた旧市街の美しさに感動

城壁

d0080118_15262953.jpg


城壁門

d0080118_15504182.jpg


城壁内の旧市街

d0080118_15152055.jpg


d0080118_15553179.jpg


窓辺には アイビーゼラニュームが鮮やかに
d0080118_15165972.jpg


d0080118_15512053.jpg


d0080118_1524543.jpg


d0080118_16194151.jpg

d0080118_15531734.jpg


d0080118_15535144.jpg
d0080118_15544385.jpg




マクルト広場のからくり時計

d0080118_15575781.jpg


ジャストタイムに 時計の両窓が開き 人形が見えました
d0080118_15585842.jpg


通りには 水道も
d0080118_1653845.jpg


色々な看板?
これは パンやさん

d0080118_8522265.jpg

d0080118_852598.jpg

d0080118_16163553.jpg
d0080118_16165766.jpg
d0080118_16173284.jpg



観光後 ロマッチック街道を通り フッセンへ、、、
[PR]
by hitoyasumidawan | 2006-12-08 13:37 |
今年最後の トレッキング
福島県の浜通りにある 小さな山に登ってきました
登山口から頂上まで1時間 みなさんちょっと物足りなさそうだったので、
山頂にリュックを置いて 隣の山まで足を延ばしてきました 


途中 夏井川渓谷は 紅葉が見頃 同じ福島でも気温の差を感じます

d0080118_2235219.jpg


登山口から 登ること1時間 お天気も良く 屹兎屋山の山頂からは いわきの海が見えました♪

d0080118_2213519.jpg



ここから 30分で登れる 猫鳴山も制覇することに、、

d0080118_2221187.jpg






リュックを置き 身軽になって 

d0080118_2223916.jpg



 アセビの林を抜けて、、

d0080118_223212.jpg


4~5メートルものアセビも 咲いたら 見事でしょうね

d0080118_2232673.jpg



猫鳴山から 登ってきた屹兎屋山が見えました 

d0080118_22331817.jpg



屹兎屋山の山頂に戻り ワイワイと賑やかにランチタイム 
帰りには 恒例の温泉も楽しんで無事に帰ることが出来ました

役員さん 今年も一年間 有り難うございました♪
[PR]
by hitoyasumidawan | 2006-12-05 22:00 |
ドイツ フランクフルトから南下しスイス、フランスとちょっとハードなツアーでしたが
お天気にも恵まれ ベテランの添乗員さんのお陰で 楽しい旅になりました
 
参加者も旅慣れている方が多く すぐにワキアイアイ
後半は連日のように お部屋で飲み会までも、、、

ツアータイトル「ヨーロッパ感動体験」の名の通り要所要所で歓声が涌き オマケの歓声までもあげてきたまさに感動の旅でした

 

 朝日を浴びる エッフェル塔
これでも 朝の8時半 夜明けが遅かったです

d0080118_11345863.jpg





翌日 観光終了後 今度はライトアップされたエッフェル塔を見学


d0080118_15133567.jpg


待つこと5分 塔全体を青い発光ダイオードがチカチカと点滅
あちこちから「お~~~~っ!!」と ため息の声が聞こえてきました(オマケ)

d0080118_11353986.jpg


ここまで見ることが出来たのは 添乗員さんの上手な時間配分と その時間を忠実に守った
参加者の協力のお陰ですね~ヽ(´▽`)/
そして 無断駐車をしてくださった 運転手さんにも感謝です~♪

他のフォトは ゆっくり整理しますので 後で見てくださいね
[PR]
by hitoyasumidawan | 2006-12-04 12:29 |