<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

北海道最後の朝を迎え
友と 朝食前に層雲峡を散歩,聞こえるのは 川の流れと鳥のさえずりだけ
d0080118_21125028.jpg

石狩川
d0080118_21143746.jpg
d0080118_21153579.jpg

d0080118_2118054.jpg
d0080118_2118246.jpg

バスで 滝の見学に出発です
d0080118_21282381.jpg

d0080118_21302811.jpg

銀河の滝
d0080118_2129834.jpg

d0080118_21343270.jpg

層雲峡を後に 旭山動物園到着です,
d0080118_21421889.jpg

園内の人気はこれでしょうか?,今回は 猿のお食事だけ 見学できました
もっと 見たかった~
d0080118_21425841.jpg

餌の与え方にも 一工夫
d0080118_2144558.jpg

ドラム缶をガラガラと転がすと 開けられた小さな穴から餌が零れ出ててくる仕掛け
猿は 拾ってはガラガラ 拾ってはガラガラを 繰り返していました 
簡単には 食事にありつけないのですね
d0080118_21462892.jpg


そして こんな展示物も,,,何だと思いますか?                  
                                     
d0080118_21525293.jpg

                               それは カバ君の歯でした~



人気者のアザラシと目が合いました,こんにちは(^_^)v
d0080118_21593134.jpg

d0080118_2223391.jpg

他の動物も少し
d0080118_21581629.jpg

そして 20年前に訪ねた 美瑛に,,,
木々や 建物が増えた関係でしょうか,少し広大さに欠けたような,,??
それでも やはり 広大~♪
3本並んだ木は 親子の木とのこと
d0080118_22261176.jpg

一本 離れて居る木は 独身の木?
d0080118_22294437.jpg

 なんと 姑の木だそうです(笑)


富良野も ラベンダーには少し早い時期
それでも 少しお花が楽しめました
d0080118_2245696.jpg
d0080118_22465441.jpg

d0080118_2248872.jpg
d0080118_22484114.jpg
d0080118_22485591.jpg

d0080118_23144470.jpg
d0080118_23153030.jpg
d0080118_23155287.jpg
d0080118_23173069.jpg

ハウスでは ラベンダーも
d0080118_2318772.jpg
d0080118_23182475.jpg
d0080118_23192783.jpg
d0080118_23194133.jpg

楽しかった北海道旅行も 長かったようであっと言う間の5日間でした
何時かまた 季節等を変えて訪れたいですね♪

途中休憩など有りましたが 最後まで見て頂いて ありがとう~(^^)/ 


 
[PR]
by hitoyasumidawan | 2008-06-22 23:27 |
ホテルロービーから観察できる餌台
シマリスに遭えず 残念でしたが 出発です
d0080118_14512664.jpg

まだ 早朝は寒い オホーツク海
d0080118_145349100.jpg


 なんと16㎞の直線道路
紅白の矢印は 除雪作業の為の 道しるべ
d0080118_14581354.jpg

いよいよ 知床です
d0080118_14544750.jpg

下方に居る人と比べると 大きさが判るでしょうか,,?
d0080118_1514182.jpg

d0080118_154521.jpg

次に オーロラ号で 知床観光です
オーロラ号は 冬は 流氷見学船に変身 働き者ですね
d0080118_1554827.jpg

カモメが お見送り
d0080118_156787.jpg

少し 霧が有りましたが 波が無く 穏やかでした
d0080118_1510393.jpg
d0080118_15103398.jpg
d0080118_15113837.jpg
d0080118_15115689.jpg

d0080118_15245526.jpg

1時間の遊覧船も あっと言う間 知床は 雄大でした~!
フォトは 撮れませんでしたが イルカにも遭えて感激♪
d0080118_1513265.jpg

ドライブインでは カニもお出迎え
「連日あなたの仲間をご馳走になりました,美味しかったわ♪」
d0080118_15262465.jpg

知床は 自然の宝庫 鹿や熊等に遭うのも 不思議では有りません
峠を走行中 車窓から エゾシカを見ることが出来ました,でも 熊は 遠慮したいですね
d0080118_15474248.jpg

知床峠は 霧で寒かった~
d0080118_15505287.jpg

寒風に耐えている 這い松

d0080118_1555051.jpg


晴れていれば 樺太が見えるそうです
d0080118_15413757.jpg

次に 知床五湖へ この湖には川が無く わき水で出来ている 不思議な湖です

先日 三湖で 熊が出没したとのこと
今回は 一湖と二湖だけ散策可能 
d0080118_1559756.jpg

一湖までは ガイドさんが同行
d0080118_1603670.jpg
d0080118_161477.jpg

d0080118_165837.jpg
d0080118_1652171.jpg


ここから 希望者だけが 二湖へと 奥へ進みます
奥は 自然そのもの
d0080118_1671585.jpg

d0080118_1681157.jpg

二湖が見えてきました, 水芭蕉が 大きな葉を拡げています
d0080118_169860.jpg
d0080118_16124444.jpg

d0080118_1614272.jpg


どうにか 迷子にならずに済んだようです,
d0080118_16142522.jpg

そして 一湖が見える 展望台へも 欲張ります
d0080118_1628562.jpg

ふと 足下に目をやると,,,,
鹿です~! 蝦夷鹿が水芭蕉の葉を食べて居るではありませんか\(◎o◎)/!
d0080118_16225021.jpg

知床連山
d0080118_16172516.jpg

一湖です 上から見ると 小さいですね
d0080118_1620322.jpg


今日の収穫は イルカと エゾシカに遭えたことでした~♪
そして 最後のお宿 層雲峡まで バスは進みます

バス走行距離 約350㎞でした
[PR]
by hitoyasumidawan | 2008-06-18 16:44 |
北海道 三日目
島での感動を後に 稚内に戻ります
早朝の船に乗る為に 寒い中並びました
団体でも 列を崩さないように 交代で暖を取りに 待合室へ,,,
夏の暑さや 雨天も大変だそうですが,今回は本当に寒かった~ブルブル(T_T)
d0080118_21531892.jpg


稚内港から 再びバスの旅が始まります
d0080118_21542350.jpg

宗谷岬も 礼文島のように 笹の丘陵地帯が 原野を思わせます
d0080118_21552024.jpg
d0080118_21554853.jpg

日本最北端の地碑
d0080118_2204429.jpg

こちらも 寒かった~
気温がなんと 2度\(◎o◎)/!
d0080118_2242549.jpg

寒かったですが,これも体験
d0080118_2245351.jpg

本物に遭えなかったので,こちらで パチリ♪
d0080118_2255181.jpg

宗谷岬を後に やっと 春らしい景色にホッ♪,
d0080118_228934.jpg

直線道路をひた走り
d0080118_2283577.jpg

黄色いタンポポ色の草原が 北海道らしい~♪
d0080118_229193.jpg
d0080118_2211267.jpg


ベニヤ原生花園へ到着
d0080118_22112529.jpg
d0080118_2219586.jpg
d0080118_22202292.jpg

オムサロ原生花園でも 一休み
d0080118_22215681.jpg

d0080118_22234366.jpg
d0080118_22243062.jpg


d0080118_222525100.jpg
d0080118_22245316.jpg


今日のバス走行距離 380㎞

高台のホテルからの眺め 網走湖です
d0080118_22282270.jpg


出会ったお花達
[PR]
by hitoyasumidawan | 2008-06-15 22:51 |
ウツギ

d0080118_21414124.jpg


ギンラン
d0080118_21415935.jpg

銀嶺草
d0080118_21451273.jpg

チゴユリ
d0080118_21453052.jpg

イワガガミ
d0080118_21455826.jpg

d0080118_2148213.jpg

オオカメノキ
d0080118_21464594.jpg

d0080118_21473171.jpg

マイヅルソウ
d0080118_21513316.jpg

ショウジョウバカマ
d0080118_21541282.jpg

ツマトリ草
d0080118_21544587.jpg

ヤシオツツジ
d0080118_21555946.jpg

[PR]
by hitoyasumidawan | 2008-06-13 08:41 | 山の花
北海道旅行記は ちょっと中断して
トレッキングのお話を聞いて下さい,,,

お花のフォトを追加しました♪

今月のトレッキングは 中腹あたりで 軽いコースと 頑張るコースの二手に分かれ
体力に応じて参加できるように 準備されていました

旅行の疲れも残っているかと思い 当初は 「軽いコース」に望むつもりが
「こんなに良いお天気は めったに無いよ」などと 誘惑の言葉が飛び交い
やはり 友と頑張るコースに参加することに,,,,


朝 準備体操を終え 8時登山開始です
d0080118_1723090.jpg

スキー場を横目で眺め
d0080118_1734611.jpg

新緑の美しい落葉樹林を ひたすら登り
d0080118_1741519.jpg

d0080118_17204481.jpg


丸太橋も幾つか渡りました
d0080118_1765113.jpg

d0080118_178826.jpg

辛い上り坂も 春の花々が癒やしてくれます
d0080118_1793134.jpg

d0080118_17124616.jpg

d0080118_1716917.jpg

d0080118_17331093.jpg


ふ~む やはり お天気最高~♪
d0080118_1710411.jpg

d0080118_17122527.jpg

頑張るコースは 見えてきた雪渓を横切るとのこと 大丈夫かな,,,??
d0080118_17164755.jpg

背丈もあるシャクナゲに 歓声♪
d0080118_17231884.jpg

d0080118_1746712.jpg


ここで 一部の方とお別れ,私たちは さらに登ります,,
d0080118_1731168.jpg

d0080118_17335417.jpg

いよいよ 雪渓です

d0080118_17341518.jpg

頑張って~
d0080118_17352286.jpg

上方は気温が低いのですね,ミネザクラが満開でした
d0080118_1736144.jpg

d0080118_17445852.jpg


先月登った 箕輪山を眺めながら 遅い昼食です
d0080118_1737255.jpg


やっと 登ってきました 遠くに磐梯山が見えます
ここまでが 一番辛かった~ふ~っ
d0080118_17464153.jpg

前方に見える小さな小屋は 避難小屋
d0080118_1749684.jpg

悪天候でも 見つけやすいように 赤いドアです
d0080118_17474174.jpg

丸い目印も 悪天候時の為 
d0080118_17542051.jpg

遂に 鉄山に到着~♪
d0080118_1759836.jpg

下りは 早いです
d0080118_1802812.jpg

d0080118_1814767.jpg
d0080118_182670.jpg

見上げると 高山植物が可憐な姿で 見つめています
d0080118_1841381.jpg

d0080118_21525966.jpg



さらに分岐が続き くろがね小屋目指して下山です
d0080118_1844266.jpg

くろがね小屋で トイレを拝借 ランプが素敵でした
d0080118_189553.jpg

金明水神でお水を補給 冷たくて美味しかった~(^_^)v
d0080118_18103767.jpg


ここからの下りも 長く 途中 レンゲツツジの群生に 癒やされました
デジカメもここでバッテリー切れ,, 残念(T_T)
d0080118_18133793.jpg


今回のトレッキングは 休憩を合わせて 8時間の登山になりました
これで 来月の 燧ヶ岳は 大丈夫とのこと やったね~♪
みなさん お疲れ様でした

そして 最後まで見てくださって ありがとう お疲れ様でした<(_ _)>







山で出会った お花達
[PR]
by hitoyasumidawan | 2008-06-12 18:17 |
礼文島
いよいよ 目的のアツモリ草が待っている 礼文島です
d0080118_15282010.jpg

元地海岸 地蔵岩層と呼ばれる1億1600万年前の岩だそうで ビックリ 恐竜の世界ですね
d0080118_15595316.jpg

桃岩 この岩は 1300万年前に マグマが海底に流れ込んでゆっくり冷却されて固まった火成岩だとか
右下に見える 道路と比較してみて下さい 巨大岩ですね
d0080118_1551144.jpg

樹木が一本もない 笹の生い茂る丘陵地帯が続きます
d0080118_15513830.jpg
d0080118_1552157.jpg
d0080118_15524982.jpg


好天の時は サハリンが見えるそうですが,今回は残念(T_T)
d0080118_1614277.jpg

d0080118_16143978.jpg

夏でも風が冷たいそうですが 海は澄んできれいな海岸でした 
d0080118_16222643.jpg

d0080118_16163616.jpg

d0080118_1617729.jpg

d0080118_16302246.jpg

 高山植物が 海抜 0メートル地帯でも見られる 不思議な島でした

島で出会った お花達
[PR]
by hitoyasumidawan | 2008-06-08 16:47 |
利尻島
早朝の船に乗るため 朝食はなんと5時10分
何時もだったら 熟睡している時間なのに,元気元気

オープンして間もない 新稚内港から 出港です
d0080118_20464120.jpg

d0080118_20541633.jpg

添乗員さんの勧めもあり 特別席へ,まだ本格シーズン前でもあり 指定席は余裕
ゆったりリクライニングシートで 旅の疲れを癒やします
1時間20分の船旅 追加料金¥2000は 安かったわね(^_^)v
d0080118_20471414.jpg


湾外に出ても 霧のために行く先の島は見えません
d0080118_2113573.jpg

見えるのは 水辺線のみ
d0080118_212383.jpg

カモメが一羽つかず離れず飛んでいます
d0080118_2134287.jpg

昼寝(朝寝?)をしている間に 上方が雲に覆われた利尻島が見えてきました

d0080118_217330.jpg

島に近づくに連れ 青空が覗いてきます
d0080118_2111178.jpg

利尻島は 火山の噴火で出来た小さな島
バスで島を一周します
d0080118_21133132.jpg

姫沼に着く頃には 好天になり 良かったね(*^_^*)
d0080118_21143240.jpg

風もなく穏やかな湖面に 逆さ利尻富士が映っていました
d0080118_21181347.jpg

足下の山野草に挨拶をしながら 木道を1周します
d0080118_2126819.jpg

人をおそれず 近寄ってもさえずっていた小鳥はアオジでしょうか,,?
d0080118_21293749.jpg

次は オタトマリ沼
d0080118_2134348.jpg

ここからの眺めの利尻富士は 銘菓「白い恋人」のパッケージになっているそうです
ふ~ん 知らなかった,,,
d0080118_21372148.jpg

ここでは 歩くのは自由参加,もちろん私達は  お花を求めて1周しました♪
d0080118_21414423.jpg

d0080118_21445286.jpg

まだ 桜が見頃です
d0080118_21501968.jpg

ヤマブドウのツルも 芸術的
d0080118_21513767.jpg

次に ガイドさん お勧めスポットへ,山が裾野まで見えて,美しい~
d0080118_2154615.jpg

岩場の上に カモメの巣が\(◎o◎)/!
d0080118_21572737.jpg

d0080118_21581899.jpg


昼食に 海鮮丼を頂き 礼文島へ,,,
d0080118_221395.jpg

美味しいウニも頂いて 満喫できた利尻島でした 
d0080118_2235336.jpg


 島で出会ったお花達
[PR]
by hitoyasumidawan | 2008-06-06 22:33 |
友達と二人 北海道さいはて紀行 礼文アツモリ草の群生地見学ツアーに参加
もう少し 時期を遅らせると もっと色々なお花にも遭えるのですが
贅沢は言えません,
それでも 可愛いお花にも遭え,お天気にも恵まれ
広大な景色も堪能でき 大満足な旅になりました

出発の日は 東北は雨 空からの眺めは 雲海の白だけでしたが
千歳空港に着陸する頃には 雲間から下界が見え始め,ウキウキそわそわ

一日目は 千歳から日本海オロロンラインを通り稚内までバスで走行すること370㎞
途中立ち寄った ニシン御殿
その昔 ニシン漁が盛んだった頃には こんなに立派な建物が 立ち並んでいたそうですが
いまでは 「花田家」一軒となり 重要文化財に指定され 保護されています
d0080118_15162881.jpg

当時 御殿内では 家族従業員が同居 20人から30人の共同生活だったそうです
d0080118_151553.jpg

次に サロベツ原生花園
d0080118_15173970.jpg

一月もすると エゾカンゾウの黄色で埋め尽くされるそうです,見事でしょうね
今回は ショウジョウ袴,山シャクナゲ,等々が出迎えてくれましたが フォトに失敗,とほほ
d0080118_15213193.jpg

この方は撮れたかな?
d0080118_15275663.jpg

雲が消えて 遠くに利尻島が見えました
d0080118_15215444.jpg

車窓からの利尻島 明日の天気に期待です
d0080118_15295679.jpg

稚内に到着後 夕食前に友とニミ散策,,,
近くの公園には チューリップが花盛り 北国の花は色が鮮やかです
d0080118_1536139.jpg


稚内駅
d0080118_15341774.jpg


丁度電車が到着 孫のお土産になりました♪
d0080118_15343284.jpg


いよいよ明日は 利尻島,礼文島へ出港です,
 
[PR]
by hitoyasumidawan | 2008-06-05 15:44 |